Sony、「Cell」生産から撤退もご安心あれ。

ソニーが、ゲーム機のプレイステーション3(PS3)の心臓部に使う「セル」など最先端半導体の生産から事実上撤退し、その製造設備はセルを共同開発した東芝に来春にも売却する方向で交渉していることがわかった。売却額は1000億円程度とみられる。ソニーはセルの新たな用途に展望が持てず、多額の生産投資を回収しきれないと判断した。  ~中略~
ソニーは、セルの開発を続けるが、自前で部品生産までを手がける体制を見直し、次世代テレビなど映像・音響機器に力を入れる。asahi.comより

このニュースは、SonyがPS3/PSP等のゲーム事業から撤退する事は
無いでしょうけど「今後はどうなるの?」と、不安に思うユーザーが多いと思いますが
その辺はどうなるでしょうか?
とりあえずPS3/PSPを最後に、ゲーム事業から撤退するという事は考えられないので、その辺は安心して良いと思う。「Cell」の開発自体も、今後続けていくようですしね。

ニュースのついでに、今後Sonyのゲーム事業は
どうなっていくと思いますか?
据え置き機の場合だけど、PS4がもし出るのであれば「Cel」カスタムと、「RSX(GPU)」の次世代Verで簡単にまとめるんじゃないかな?
流石に新たなCPUを作る暴挙に出ることは無いだろうし、IntelやAMDのCPUを採用するとも
思えないし、IBMとなると「やっぱCell?」と現時点ではなると思う。
それ以前に、PS4という形の物が出るかどうかも分からないけどね。

それはどういう意味ですか?
仮に「CPU」「GPU」を同系列の物でまとめるのであれば、ソフト資産/開発資産をほとんどそのまま流用できる(だろう)し、OS内部もそれほどいじらなくても良いから「超極パワーアップ版PS3」として(流石に名前は変えるだろうけど)出る可能性も高いかな?
PS3/Xbox360世代になって、中小企業は特にコスト面で厳しい状態が続いているようだから
ハード開発費が少なめですみそう&中小も切り替えが楽そう?と、メリット多そうだからね。

ですが、単純なパワーアップだけでは、中々ユーザーは
喜ばないと思いますが?
まぁその辺は、Sony独自の+αを頑張って考えれという事で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • gtrd

    PS4のCPUとGPUはAMD製だったね
    2014年02月27日 21:04

この記事へのトラックバック