北米体験版2種類と、BDビデオ初購入。

北米PSNにて、「Stranglehold」「NBA Live 08」の
2種類の体験版が先日配信されました。
とりあえず、Strangleholdをダウンロードしてプレイしてみました。
内容は、香港アクション映画のFPS?といった感じで、L1ボタンを押して机などに滑るように乗ると画面がスローモーションになり、まさに映画アクション?といった感じでプレイが出来ます。
色々リアルに出来ているので、しゃがんだり、壁際に張り付いて隠れながら攻撃というプレイも出来たら良かったな~と感じました。

全体的な作りはどうでしたか?
肌などのテクスチャーが、リアルにしようとしすぎて少し濃すぎたり、一部激しい処理落ちしたり(体験版だから?)、残酷表現が一部きつかったりしますが(苦手な人はキャンセルで)全体的には中々面白いアプローチで作られているので、1330MB以上と結構ボリュームのある体験版ですが、頑張ってダウンロードする価値はあるかな?

ところで、BDビデオを初購入したようですが
何を選んだのですか?
とりあえず、何か一本BDタイトルが欲しいな~と思っていたので近所のお店で安く売っていた「ブレイブストーリー」をチョイス。
正直恐ろしく下手なインパルスの二人の声をかき消したかったが、その他の人たちが頑張ってくれて他のでまぁ合格だけど、本当に酷かった・・・・。

相当酷かったようですね・・・・。
カプコンの鬼武者2を思い出したよ・・・・・。(噂以上にあれは・・・・)
まぁ今回は中身より、BDビデオって一体どんな感じなの?と思っていたので、そのテストをかねて購入したのでその感想を少し。

画質は当然良いとして、使い勝手などは
DVDと比べてどうでしたか?
色合いは綺麗で細かいところまでなめらか&シャープ。映像面はPS3ゲームでも色々感動を味わっているので、極上の感動というのは流石にないですが、とりあえずもっとBDタイトル増えてくれ!という感じですね。
また、BDタイトル毎のメニューも使いやすく、「本編を再生しながら、メニューを出してチャプター選択や映像特典を選んだり出来るのか~」と、細かい使い勝手が良くなっている所に関心。

PS3の再生メニューではなくて
BDタイトルの独自メニューを何時でも呼び出せるという事ですね?
そうですです。
また、BDになっても相変わらず、音量の最小値と最大値の幅がかなりあるので、自然とスピーカーの音量をかなり高めに設定してしまうのですが、メニューを開くときの音が高めに設定されているので、不意にボタンを押してしまうと無茶苦茶びっくりしてしまうので、この辺は考えて作って欲しかった・・・。
普段20の音量で再生していると仮定したら、BDビデオ再生中は80ぐらいに引き上げるので
・・・・・・凄まじい爆音のメニュー音が響き渡ります(汗)
しかしとりあえず・・・・・・

とりあえず?
時間が無くて全部はまだ見てませんが、映像特典のPSP版の宣伝を見て欲しくなったので
PSP版ブレイブストーリーを、新型PSPに合わせてちょっと買ってみようかな~。

PS2版は?
今はもうPS2のゲームはあまりか買う気になれないので・・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック