PlayStation-CSブログ

アクセスカウンタ

■:Information:■

PlayStation-CS Blog トップページ
カスタムテーマ
ゲームレビュー
本体設定
【ブログ移転いたしました】
しばらくはこちらでも更新状況を等もお伝えしますが、お手数ですがブックマークなどの変更をお願いします。
PlayStation-CS.Blog +

【E3 2015ライブスケジュール(日本時間)】
◆E3総合 Twich
◆2015年6月15日
 ◇午前11時:Bethesda TwitchYouTube  ◆6月16日(火)
 ◇午前1時30分:Microsoft Xbox.com・XbLive
 ◇午前5時00分:EA 配信未定  ◇午前6時45分:UBI TwitchUplayYouTube
 ◇午前10時00分:Sony 配信未定(カンファ終了後、PS Experienceも併催)
◆6月17日(水)
 ◇午前1時00分:任天堂 TwichYouTube公式サイト   ◇午前2時00分:スクウェア・エニックス TwitchYouTube
サイト内検索
お問い合わせ
【合計】  【今日】

zoom RSS SCE「PS4」開発で迷走?Intel製CPU搭載も検討

<<   作成日時 : 2009/02/26 21:19   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

「後藤弘茂のWeekly海外ニュース」にて、衝撃的な記事が書かれていました。

記事参考:携帯電話に対抗するPSP2、CellとLarrabeeで揺れるPS4

詳細はリンク先をごらんいただくとして、ザックリ言うと「PS4」に搭載予定のCPU候補は「拡張版Cell」だけではなく、Intelの「Larrabee(ララビー)」も浮上しているとのことで、「PS4」仕様決定でかなり迷走しているようだ。

突然の記事でかなり驚きましたね。
なぜこのようなことになっているのか、それぞれのCPUのメリットデメリットをまとめてみる。

Cell搭載時のメリットデメリット
■メリット
・PS3向けの開発資産が、ある程度生かせる
・PS3との互換性がかなり容易になる(手間は0ではない)
・一定以上のパフォーマンスが見込め、特にファーストタイトルのクオリティが高くなる。
■デメリット
・技術的問題や、マルチプラットフォームを考えるサードにはパフォーマンスを出しづらい。

Larrabee採用時のメリットデメリット
■メリット
・特異性を薄くすることで、マルチプラットフォームも容易になり、サードパーティーの支援が高まる。
・CPU/GPUという特徴があり、ハードコストも下げられる。
・コストを下げる分+アルファの装備も可能になる。
■デメリット
・PS3の開発資産の大半を捨てることになる。
・PS3との互換性に無理が生じてくる。
・ハードを生かし切ったファーストタイトルのパフォーマンスが低下
・ハードの個性が薄まる。

開発資産も生かせますし、Cellを採用した方が
単純に良いような気もしますが?
単純にはそうなんだけど、もしLarrabeeのパフォーマンスがかなり高いと分かれば、
採用してくる可能性も十分ある。
ハードコストを劇的に下げられるかもしれないので、その分「メモリを豪華に」「特殊入力デバイスの標準装備」等々、様々なメリットも十分考えられるかな?

ただ、「Larrabee」で「PS3」との互換がとれないとなると話は違ってくるかもしれません。

PS3では、PS2との互換が足かせになった部分もあるので
そこは「最低条件」にしているかもしれませんね。
まぁ、細かい仕様は「Cell」「Larrabee」「その他」等々、色々検討しているようですし
個人的には「PS3との互換」「出来ればPS2との互換」「様々な面でクオリティの高いゲーム」が出来れば、AMDのCPUだってかまいません。

とりあえず、魅力的な良いハードを
是非作り上げてほしいですね。
あとPSP2についても軽く語られていて、パフォーマンス的にはPSP1.5+付加価値装備の搭載って流れがやはり濃厚そうです。
今はDSだけでなく携帯も強力なライバルとして出てきたので、ここが踏ん張りどころ。

一部報道によりますと、PSP2ではUMDを廃止する事も
検討されているようですね。
それだと今までの資産を捨てることになるため、考えづらい。
ただ、「UMDドライブ搭載モデル」「UMDドライブ非搭載モデル」の2パターンをラインナップしてくる可能性は十分に考えられますね。
基本的なハードの仕様は同じにして、PSPタイトルを遊ぶならドライブ搭載モデル
PSP2オンリーなら非搭載モデルという感じで。

ただ、ゲームタイトルのパッケージ販売がなくなる事にもなるので、それはそれで寂しいのでUMDでなくても「PSP2」では何らかのメディアを採用してほしいですね。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
結局PSはCELLで行った方が成功する確率が高いと思いました。
海外を中心にCELLを生かした開発技術が確実に浸透していっていると感じますし。
PS3をメイン基盤に開発してる所が多くを占めてきてると。すでにEAなどでもほぼすべてのソフトをそうしていると聞いていますし。
PS3を生かす方が質の高いソフトが出来るのは理解されている事だと思います。
それが漠然とした事実としてあるなら必然的に開発者達は着手するでしょう。
それが優れたソフトウェアメーカーでい続ける絶対条件でしょうから。
というか間違いなく海外メーカーの多くはやっているでしょうし成果も挙げていると思います。
海外は絶対に開発力トップを常に目指しますから。
少なくとも今世代中には海外の大半のメーカーが当たり前に物にしていると思います。

2009/02/27 04:26
国内メーカー達も今世代で味わっているレベルの開きを学習はしていると思います。
海外とは正反対に後ろ向きな開発や展開が多い今の日本メーカーですが海外での評価や売り上げ、追いつかれ追い抜かれ引き離されといった状況はまず学んでいると思います。
PS3での開発力は無視はどうやっても無視は出来ないような気はします。

2009/02/27 04:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
■:注意事項:■ 誹謗/中傷するような物や煽り立てるようなコメント
度を超えて他者が不快に思うようなコメントは削除する場合があります。
他の閲覧者の事を考え、皆で気持ちよく利用出来るようお願いいたします。

コメントはスパム判定されても裏に残ります。
若干時間をいただきますが、コメントに問題が無ければ掲載いたします。
SCE「PS4」開発で迷走?Intel製CPU搭載も検討 PlayStation-CSブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる