「デモンズソウル」正式レビュー&攻略ムービー[1-1]

ちょっとした「デモンズソウル」祭り状態のPlayStation-csブログですが
我が道を行く感じで、このまま突っ走って行きますので、よろしくお願いします。
さて、今まで散々気になった部分を書いているので、+面を中心に総合的なちゃんとしたレビューを書きたいと思います。
記事後半では、ちょっとした紹介ファーストステージプレイ&攻略ムービーを掲載。

Demon's Souls(デモンズソウル)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日:2009-02-05
おすすめ度:4.5


難易度は高い・・・というか面倒?だが、久しぶりの高クオリティアクションRPGの登場。
難易度が高い!、最初のステージは「ユーザーがシステムに慣れていない」「ゲーム全体の総合的な流れがつかめない」事もあいまって、ちょっと難易度が高いというか、色々な面で心が折れる作りになっている。
(変なところで死ぬと、もの凄い領の作業を色々やり直すことになったり等)
ただ、そこを乗り越えると「かなり熱い世界が待っています」

これは、ストイックなまでの「様々な仕掛けや敵」との戦いを味わう、超硬派アクションとなっているので、「苦手な人は手を出すな」「好きな人はハマリすぎに注意しろ!」という、近年まれに見る極端な内容になっている。
(自分は好きです、心折れそうになりましたが 苦笑)

ストーリー
ストーリーは若干暗めな感じ。
随所に様々なリアルタイム(多分)ムービーが挿入されて、大迫力のドラゴンが飛び交う映像等が楽しめ、ゲームを飽きさせない流れの作りになっているのは好感触ですが、「ストーリー自体」は若干薄めなので、「シナリオをガッツリ楽しみたい人」には多少不向きかな?

グラフィック
ムービーは「流石フロムソフト」と、息をのむほどの「綺麗」「大迫力」なムービーの連続です。
ぬいぐるみのようにコロコロ転がる「遺体」には違和感を感じますが、ステージの造り自体はおおむね良好。
「飛び抜けて綺麗」という事はありませんが「貧弱な背景」という事もありません。
一回のロードで「凄まじく広大なフィールド」を駆け回れることを考えると、「凄いなぁ」とも感じます。

システム
最初のステージをクリアすると「ステータスアップ」が出来るようになり、さらに進めると「高度な武具改造」「高度な魔法の習得」等々色々出来るようになるので、俄然楽しくなってきます。
「アイテム購入」「ステータスアップ」等は、すべて「ソウル」を使用するので配分に頭を悩ませますが、「効率よくソウルの回収」が出来る場所を見つけることが出来れば、そんなに大変じゃない(と思います)

あと、発売前に冗談半分で「白騎士もびっくりな巨大な敵と」と書いたのですが、本当に白騎士のような巨大な敵がいました・・・・(笑)
こんな凶悪な敵を「どうやって退治するか」という謎解き面の楽しみも沢山あります。

■画像クリックで拡大


総合
序盤を乗り切り「すべてのシステムや流れを把握でき」
「戦闘の難易度ついて行ければ」もの凄く楽しくなるゲーム。

・難易度の高いアクション
・ストイックな内容(システム面等)

上記の2点と、「今回の記事」と、「以前書いた気になるポイントの内容」と、下記のムービーの感想などをふまえて、それでも気になるという方は、絶対中毒になる事は間違いないと思います。(多分)

そうでないとお勧めできない極端な内容なので、ご注意を。

以下は、プレイの様子を納めたプチ攻略ムービーとなっています。

※ほぼ全部入りなので、ゲームを自力で解きたい方は注意
■デモンズソウル「1-1」攻略ムービー前半


■デモンズソウル「1-1」攻略ムービー後半


■デモンズソウル「1-1」攻略ムービーボス戦+おまけ
※後半の盾装備の解釈に誤りがあります(ムービー)
※盾装備じ筋力(能力)不足だと、盾(防具)としての能力は生かせません。

※前回のデモンズソウルの記事のコメントへの返事は、もうしばらくお待ち下さい 汗


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • 麦わら

    おつかれさまでした。記事映像共にかなり苦労されたのがよく判りますw
    オンの安定は発売直後なんかはヤッパリしょうがないんですかね。下手なヒット作なら特にですか。
    自分は割とヌルゲーマーですがこれくらいやりがいのある内容の方がいいです。
    いつも楽しませてもらっています。これからも記事楽しみにしていますので頑張って下さい。

    あ、あとどこかで利用されちゃったみたいですがそういう輩の荒らし行為はホント下らないの一言ですので。
    次回記事からは否定物は出来ればそういった輩に対して気をつけた記事内容にしてもらえたら・・・。
    2009年02月09日 15:44
  • Lizerd

    色々ありますから、今後は気をつけたいと思います。
    ちなみに映像は、様々な面で大変でした。

    映像は第2弾第3弾を予定してますが、しんどかったので次はかなりシンプルにまとめると思います(笑)
    2009年02月09日 23:31

この記事へのトラックバック