■-SCEのお偉いさん方のインタビュー2本。 PSP Go!の位置づけ等

SCEのボス「平井氏」へのインタビュー記事と、SCEワールドワイド・スタジオのプレジデントの吉田氏へのインタビュー記事がそれぞれありましたのでご紹介。
まずはやり平井氏からでしょうか(笑)

Interview with Playstation boss Kaz Hirai | Technology | guardian.co.uk
PS3とXBOX360のブログ(仮) カズヒライ「ブルーレイ以外の選択肢はなかった」
色々細々と語られてはいますが、「平井氏」へのインタビューでどっしり語られているのは、主に以下の二点のようですね。

・PS3にBDを選択した経緯
・PSP Go!の位置づけや、UMDを廃止した理由

PS3でBDを選択した理由は、過去にも色々語られているのでスルーするとして、PSP Go!の位置づけは、PSP本体を購入するユーザーのための新たなオプションと考えてくださいとのこと。

上位バージョンとし
考えれば良いんですかねぇ
価格だけで考えると上位バージョンですが、小型化&端子の大幅削除/簡素化で下位とも考えられるので、その辺は大変複雑ですが(笑)
また、UMDを廃止したのは、PSNの登録アカウントユーザーが2400万に達して、コンテンツも充実し、それらの環境にユーザーが慣れてきたのが大きいようですね。

UMD廃止は、バリエーションとしての意義はありますが
ユーザーにとっては悩ましい選択になりそうですけどね。
周辺機器の問題もあるし、難しいですなぁ。

Interview: Shuhei Yoshida | Edge Online
ネットは1日10時間 : SCEのソフト制作部門を統括する、吉田修平のインタビュー

一方、SCEのソフト制作部門を統括する「吉田氏」へのインタビューは、主にモーションセンサーについて語られているようです。
個人的に一番興味を持ったのは「マイクロソフトのNatal」に対してSCEの感想。

Q:マイクロソフトのNatalとはどうやって戦うの?
A:Natalのデモンストレーションは見ていたけど、確かに凄いビデオだったね。かなり未来的な装置だと思ったよ。ただ、あれはEyeToyとPlaystation Eyeの後継に過ぎないね。ゲームで重要なのは、どれだけ自然に遊べるかということなんだ。カメラだけでは、ボタンやトリガーを押した時のような完璧な認識が出来ないことを、カメラの技術を長い間研究してきた自分たちは知っている。だから、Natalは非常に面白いものだとは思うけど、自分たちが目指しているものとは全然違うかな。

まぁたしかに、Natal程の精度は無いにしろ、PlayStation Eyeで近いことは出来ていたしね。
ただ、ライトユーザー向けのインターフェイスで、ライトユーザーに強いインパクトを与えるのは間違いなく「Natal」側だと思うので、その辺をどうやって解消&突き進んでいくのか今後に注目したいですね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • monster

    UMDレス仕様は物に執着する人間には辛いですね!棚にパッケージが無いと、何ともさみしい。モーションコントローラーもどうなんですかね?ライトユーザーもWiiのような体感ゲームも一部のゲーム以外、飽きてきてると思うんですがね。
    2009年06月11日 23:05
  •  

    言い分は全くその通りだと思う。
    コートローラー無くしても良い事無いし、
    ポタン無くしたら結局行動の幅が狭くなる。

    PS3の新コンはEyeToy開発者の作品だし、
    EyeToyの欠点も行き着く先も見えてたのかも?
    仮に次世代XBOXでNatalがメインになっても、
    後でコントローラー売りそう。w
    どだいメインデバイスにはなり得ないと思う。
    2009年06月13日 18:51

この記事へのトラックバック