小島秀夫氏監修の、キャッスルバニア GCトレーラー

小島秀夫氏監修にて小島プロダクションがプロデュースする、キャッスルバニアのGamesComトレーラーがありましたのでご紹介。



デビルメイクライやベヨネッタとは違った、迫力のある戦闘が楽しめそう
また、城壁の縁を掴まりながら移動するし~んもあり、アンチャーのようなアクション要素もありそうで、この辺も興味が引かれます。

発売は2010年とまだまだ先ですが、楽しみにしたいですね~


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • オベロン

    何でIGAさんから変わったんでしょうね?
    正直作品の雰囲気が変わりそうで…。
    IGAさんも2001年から関わったので、
    1作目から好きって人にも違和感有ったのかも?

    個人的には「MGの小島」みたく
    「ドラキュラのIGA」って感じなんですよね。
    月下の夜想曲で良くも悪くも
    シリーズに革新をもたらした方ですから。
    (少なくとも小島は何か違うかなと…w)
    2009年08月25日 20:35
  • 個人的にGOWよりもかっこいいと思う
    ドラキュラっていったらやっぱムチだよなあ
    ただ洋ゲーって金をかけて世界観を隅々まで作るから、ゲーム全体の強弱が
    なくなって、やってるこっちの想像力が働かないっていうか…
    またこの世界かよ、っていうウンザリ感があるっていうか…
    洋ゲー独特の行き詰まり感を感じるというか…
    自分だけかな…
    2009年08月25日 21:08
  • Lizerd

    >オベロン様
    月下はかなり好きでした。
    が、キャッスルバニアの次点で「ドラキュラ?」っていうのに違和感があるので、今回の開発変更事態あまり違和感がなかったり^^;

    >あ
    ドラキュラと思わなければ面白そうという感覚でいますw
    う~ん、洋ゲーはまず肌に合うか合わないかが、個人的に勝負だったりするんですよね(笑)
    キャラ作りとかリアクションとか

    まぁ、うける感覚は人それぞれって事で。
    2009年08月26日 02:50

この記事へのトラックバック