「3Dドットゲームヒーローズ」レビュー感想は「おしい」&米国リリース

米国で2011年5月11日にリリースが予定されたそうな「3Dドットゲームヒーローズ」を本日やっとこさクリア出来なので早速?レビューしたいと思います
グラフィックやシナリオ毎のレビューがしづらい内容となっているので、レビューでは珍しく対話式にて。


Atlus shipping 3D Dot Game Heroes in North America on May 11

狙いは良かった物の、作りがもう一歩で「おしい」
ドットゲームを、誰も思いつかない方法で「3D化」し、更に様々なパロディ要素を詰め込んで話題となった「3Dドットゲームヒーローズ」。狙いとしては非常に良かったのですが、ゲームそのものの演出等が不足しており、イマイチ盛り上がりに欠けたのが残念。
唯一「最後のダンジョン」へ行く前のお城での演出が楽しめたぐらいでしょうか。

オマケ要素で、TPS視点などでプレイ出来たら
違った楽しみ方が出来て良かったかもしれませんねぇ
それだとかなりゲームバランスが変わっちゃうので調整が大変そうですが、あると良かったかな?
あと、ダンジョンの仕掛けなどが基本的に「FC時代の仕掛け」を、そのまま3D化した物しか無く、現代風の面白ギミックみたいなのが無かったため、4つめのダンジョンから少々飽き気味に。

確かにそれだと、この時代には厳しいかもしれませんね・・・
ちょっとマイナス面を多く語ってしまいましたが、このゲームならならではの楽しみもあります。
何だかんだで楽しかったのが「戦闘」で、「長く」「太く」「強い」剣で敵をバッサバッサなぎ倒していくのはかなり爽快で、敵が「ポリゴンドット?」になって砕け散っていく様はかなり面白い。

それは気持ちよさそうだね~
無茶苦茶やり混めば、「強さ」「長さ」「太さ」それぞれ最大限まで鍛えることが出来る武器があるので、勇者無双みたいな感じになるかもしれません(笑)
あと、「ビームソード」や「○○バット系」「魚」等々、武器の種類が多種多様なのもやり込み意欲をそそられます。

魚なんてあるんだ・・・
これまた、どっかで見たことのあるような武器だったりしますけどね(笑)
あと、スペランカーさんモードや、「フロムモード」、「死なずにクリア」等々、プラチナコンプリートまでには結構長い道のりなので、そこそこ長い間楽しむことが出来ます。

基本的な完成度は十分なので、後は本編ストーリーやサブストーリーなどが色々充実していたら、もう少し高い評価を出来たと思っただけに勿体なかったかな~
次があれば頑張って欲しい所ですが・・・・・。

とりあえず、総合評価は6.5/10点といった所でしょうか。

3D ドットゲームヒーローズ
フロム・ソフトウェア(2009-11-05)
売り上げランキング: 192


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • 2011!?
    2年後??
    2009年11月18日 08:32
  • Lizerd

    すみません、誤字です(。-_-。)
    後で直しておきます~
    2009年11月19日 03:39

この記事へのトラックバック