EA Sportsボス「ピーター・ムーア」氏の、日本でのFIFA2010コメント&苦言

エレクトロニック・アーツは2009年11月5日(木)、発売中のサッカーシミュレーションゲーム『FIFA10 ワールドクラスサッカー』に関する「EA SPORTS」のプレジデントであるピーター・ムーア氏のオフィシャルブログの翻訳内容を公開し、日本市場への尊敬の念とともに、強いフラストレーションが感じられる内容となっているようです。


FIFA10 ワールドクラスサッカー | EA エレクトロニック・アーツ
PeterMooreBlog(英語サイト原文)
ピーター・ムーア氏:日本での『FIFA10』にコメント/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム

ピーター・ムーア氏のコメントをかいつまんでみると

■:日本は我々の産業の発祥地であり、ゲームにおけるこの上なく創造的なコンテンツのいくつかは依然として東京や京都から生まれています。

■:日本でビジネス展開しているアメリカ企業のフラストレーションの一つは、海外のゲームが、国産ゲーム同様の見方をされないという業界の度量のなさにあります。
□:日本のゲーマーたちに受け入れられることはとても大変なことです。
□:このことは長年、欧米のパブリッシャーにとってフラストレーションになってきました。

■:日本の文化に受け入れらるように、ジャンル選択やゲームシステム、キャラクタデザインといったことに注意を向けてきましたが、シミュレーション・スポーツのジャンルにおいては、これらのことはそれほど関係なく、ゲームプレイそのものが問題でした。
ですから、素晴らしい『FIFA』シリーズ(日本を含む20カ国以上の開発者によって制作されているゲームであるということをお伝えしておかなくてはなりません)が毎年のように日本で苦戦していることに、私がどれだけ落胆してきたかを想像してもらえると思います。

EA Sportsは、海外メーカーの中でも特に昔から頑張り続けているところなので、その落胆やフラストレーションは想像を絶する物があるでしょうね。

海外メーカーでTVCMまで打ってくるのは、ここぐらいですしね・・・
最近CM見たとき「EA頑張ってるな~」と変な関心をしてしまった。
精度は置いといて、プラチナレーティング(40点満点中36点)をもらったFIFA2010も、一応前作超えはした物の売上げ自体はどっこいどっこい。
これに関しては、日本代表チームを収録出来ない限り変わらないかな・・・。
この辺の権利って今どうなってるんだろうね?
もう、事実上半永久的にコナミ独占とか?

それって・・・
色々余裕があれば、今年のFIFAを購入しようと思っていたんですが、一寸タイミングが悪かったんだよなぁ・・・・残念。

FIFA 10 ワールドクラス サッカー
エレクトロニック・アーツ(2009-10-22)
売り上げランキング: 120



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ('∇')

    スポーツは嫌いじゃないんだけど
    FIFAもそんな内容かわらないから・・・
    個人的に、ボンバーマンや桃鉄が10作目みたいな
    感じです。
    くにお君のサッカー みたいなのが出たら
    買います(笑)
    2009年11月06日 15:29
  • らりるれろ

    ライセンス独占してるのはお互い様だしね
    2009年11月06日 19:16
  • れす

    FIFAシリーズ初めてプレイしました。
    確かに本筋はよく出来てるのですが、その周辺の細かい所の作りが甘い。
    全うな日本メーカーが作ってたら10作目でこの粗さは有り得んなー、
    と感じた次第です。
    いつまでも洋ゲーだから、を免罪符にしているようではね。
    2009年11月06日 23:38
  • Lizerd

    >('∇')
    まぁ、基本的には内容同じですからね~
    (その割には売上げの差が激しすぎますが)
    ちなみに、くにお君ならレザはドッチボールが最高に好きです(笑)

    >らりるれろ様
    それはありますね~

    >れす様
    日本と海外スタジオの、力を注ぐポイントの違いというのも、思いっきり売上げ等にも出てしまっているんでしょうね~。
    2009年11月07日 04:51

この記事へのトラックバック