【PS3】ソニーがハッカーや割れ対策に超本気モードに? 訴訟拡大&海賊版対策

ソニーが、ハッカーや割れ対策に対して、超本気モードになってきたっぽいのでご紹介。今後どうなるか全く不透明&実行されたら色々影響がありそうですがはたして。


署名マスターキー等を公開し、その事へのGeohot氏に対する差し止め要求が見事通ったことから、ソニーがハッカー等の対象を拡大化する模様。

Cantero、Peter、Bushing、Segher、hermesEOL、kmeaw、Waninkoko、grafchokolo、kakaroto等のハッカーを訴訟対象とすると共に、YouTube,Twitterをはじめ、一部Webサイトにもこのような情報が広がらないように対象とするようです。

これらの訴訟も、通ることを願いたいですねぇ。
ただ、署名キーの公開に対しての差し止めは、OKは当然の話として
今回のハッカーに対しての追加訴訟の場合、カスタムファーム系だと話しが難しそうですが、出所を押さえる形で頑張ってもらいたい所です。


そしてもう一つはこちら。
著作権侵害された、違法コピーのゲーム対策に、パッケージに最高5回まで使用できるシリアルコードを封入するのではと言う物。
これはPCゲームのセキュリティに類似した物のようです。

既に一部のPS3/PSPタイトルに
1タイトル1コードが封入という形がありますが
それとは違うんですかねぇ?
オンラインだけではなく、中古対策も兼ねているようなので、コードを使い切ると起動自体が出来なくなる感じなのかな?

ただ、ちょっとめんどくさそうだね~
まぁ、この辺の話しが検討されているというだけで、どうなるかは分からないけどね。
あと、個人的に思うのは、この辺のシステムはフラッシュメモリ系のNGPに有効そうだよね。

初回起動時に、NGPカードリッジに本体IDを登録させて行く形で、6台目以降のNGPでは起動出来ないという感じで。
頻繁に本体を買い換えたり追加購入するユーザーには少々めんどくさそうなシステムですが、中古対策という意味では有効そうです。
まぁ、ちょっと窮屈なイメージがついてしまうので、無いかな・・・。

とりあえず、出来るだけ普通のユーザーに負担のかからない形で
不正コピーなどの対策をしてもらいたいですね。
うん、最終的にはそれが一番なんだけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • シリアルコード封入

    シリアルコード封入は賛成です
    中古対策になるなら尚更
    メーカーに金がいかないのは流石に
    中古売り上げの数パーセントでも
    メーカーの利益になるような仕組みでも
    出来れば一番良いのですが
    2011年02月07日 20:43
  • .

    ID入力面倒なので携帯電話でQRコードを読み込ませて登録とかにして欲しいですね。
    2011年02月07日 20:47
  • fdさ

    俺、携帯電話もってない。
    2011年02月07日 22:03
  • db

    不正コピーの落とし前が正規ユーザーに回ってくるのはちょっとねぇ・・・

    でも今の様々なデータが氾濫している時代じゃ仕方ないか(その内ネットに繋いで無いと起動不可になるかもね)
    2011年02月07日 22:28
  • いや

    コードだけならまだしも、それに期間期限があるのはどうかと…
    しかしこれもあのハッカーのせいか…
    ホント迷惑。
    2011年02月07日 22:36
  • nac

    EAや白騎士みたいなプロダクトコードだと良いんですけど、回数制限がつくのは・・・・
    2011年02月07日 22:57
  • なな~し

    プラットフォームホルダー一社だけがこのような不利になる制限を導入はまず無いような気がします。

    ただ、割れと中古は早く潰さなくてはいけない問題ですよね。日本では中古が余りに整備されすぎていてソフトの値段も跳ね上がっています。小売の多くが新品で儲けずに中古で儲けるような構造自体が狂っていると思うのですが…
    2011年02月08日 00:08
  • >>なな~し
    中古潰すなら過去のゲームは絶版などせずに常備してもらわないとね・・・
    DL販売が活躍するところだが。

    中古のせいで売上云々は聞きますが
    代わりにソフトの値段を上げる話は聞いたことないなぁ
    明確なソースありますか?
    値段が高まるのは開発費やライセンス料が原因だという話は良くメーカーインタビューで聞きますけど
    2011年02月08日 01:44
  • >>なな~し

    >>、
    一般的な話だと思ってました。中古市場は開発者には一銭も得をしないので、それだけ値段を高めに設定しているのかと。
    海外との値段と日本では海外と違い一月でソフト売り上げが決まる事とを比較しての妄想でした。

    開発費高騰が原因は知っていましたが、ロイヤリティーが原因で値段が高くなっているとは露知らず。知識不足でした、すみません。
    2011年02月08日 01:58
  •  

    中古が作り手に利益をもたらさないのは別にゲームに限った話じゃないんですけどね
    2011年02月08日 02:27
  • なな~し


    ホントすみません。
    映画や音楽は被害が薄いもんだとばっかり思ってました。
    (SCEが中古対策に訴訟をしていた10年位前の学生論文(←多分)で中古での販売本数が3割*値段にして2割くらい?ってのを見たのでゲーム市場が多いものだと思い込んでました)
    よく考えたら他の市場でも2割以上の割合で中古が氾濫ってあり得ますよね。
    2011年02月08日 02:54
  •  

    そうですよ
    車、衣服(家族・夫婦・兄弟でのお下がりなど)・家・テナント・家電製品・本・家具など、あらゆる物が大量に中古として活用・流通しています。

    被害、と書くとまるで悪行のようですが(実際消費こそが正義という考え方もありますが)、消費をせず再利用を繰り返すのは本来悪いことではありません。
    2011年02月08日 09:00
  • 日本の場合中古売買がある代わりに返品のないので、ある意味小売りに製品を押し付ければメーカーはいくら売れ残ろうとかまわないのです。それが実売の数字が悪いソフトの延命維持装置となり、ゲームメーカーにとって再起のチャンスを与えてる面もあります。

    量販店の価格に合わせると、小売り側の利益は5-10%となり、これではどうやっても経営を維持できません。中小が潰れれば大手量販が力を持ち、他業種と同じように販売応援、インセンティブやディベートを要求するようになるのは目に見せています。今の大手みたいに実績配分なんて殿様商売をしてる場合ではなくなるでしょう。商品ラインナップも偏るでしょうね。

    アメリカやイギリスの場合返品や値引き販売をした際の値引き分の価格保証をしてますので、そこまでしたうえで中古売買までされたらたまらないということで、中古対策に乗り出しています。

    さらに中古売買がなくなれば、ユーザー側が換金する手段を失いますので、リスク選好の立場から微妙な評判のゲームや新規IPなどのはずれの危険性が高いタイトルの購入を手控えるようになるでしょう。今まで微妙ゲーでもすぐ売れば2000円程度の損で済んだのが、5000円以上の損になるのですから。資金回転の効率が悪くなると、乗数効果が失われ全体の販売数字自体が落ちる可能性も高いです。
    2011年02月08日 20:40
  • とも

    そもそも裁判で中古屋と争っていたときに、メーカー側が中古屋側の売り上げの数%を渡すという和解案を蹴って争った結果負けたんだよ。
    2011年02月08日 22:58

この記事へのトラックバック