【龍が如く OF THE END】早くも40万本出荷&シリーズ累計500万本出荷に!

本日セガは、「龍が如く OF THE END」の国内集荷本数が40万本。
シリーズ累計では500万本の出荷を達成したことを発表したのでご紹介。


【プレスリリース】
2011年6月9日に発売しましたPlayStation 3用ゲームソフト『龍が如く OF THE END』の国内出荷本数が40万本を超え、『龍が如く』シリーズの全世界出荷本数も累計で500万本突破となりました。

『龍が如く』シリーズの第一作は、2005年12月に発売したPlayStation 2用ゲームソフト『龍が如く』で、大人に向けたエンターテインメントとして大きな話題を呼びました。骨太な人間ドラマを描いたシナリオや、今までのゲームでは考えられなかった豪華キャスト陣の参加、そして巨大歓楽街“神室町”を舞台に、数多く散りばめられたサブストーリーやプレイスポット、さらに迫力満点の喧嘩バトルなどにより、廉価版と合わせて100万本を突破するという大ヒットを記録しました。
翌2006年12月にPlayStation 2用ゲームソフト『龍が如く2』、2008年3月にPlayStation 3用ゲームソフト『龍が如く 見参!』、2009年2月26日にPlayStation 3用ゲームソフト『龍が如く3』、2010年3月18日にPlayStation 3用ゲームソフト『龍が如く4 伝説を継ぐもの』、そして2010年9月22日にプレイステーション・ポータブル用ゲームソフト『クロヒョウ 龍が如く新章』とシリーズを重ねるごとに様々なチャレンジを行い、人気シリーズとしての地位を確立しました。

最新作『龍が如く OF THE END』は、突如現れた“ゾンビ”により非常事態に陥った街を舞台に、熱き男たちが織りなす重厚な人間ドラマが展開します。またシリーズ初のバトルシステムとして“ガンショットバトル”を導入し、誰でも簡単・爽快に撃ちまくる楽しさを実現しました。タイアップ企業はシリーズ最多を更新し、「Bradberry Orchestra」による楽曲提供や、的場浩司さん、杉本哲太さん、栗山千明さん、徳重聡さん、石橋蓮司さん、ピーターさん、などシリーズ恒例となった豪華キャスト陣も健在です。さらに『ゾンビ』役としてテリー伊藤さん、デビット伊東さん、エスパー伊東さんが、『セラピスト』役として小森純さんが登場するなどシリーズファンはもちろん、シリーズ未経験者でも最高に楽しめる極上のエンターテインメント作品となっています。

弊社は、今回の40万本突破を通過点とし、今後も『龍が如く OF THE END』の拡販に取り組んでまいります。
と、いまやセガの看板タイトルの一つになった龍が如く。

OF THE ENDも、一体何処まで行くのか
注目したいですね。
今のペースだと、50万本は厳しそうですが、息長く売れていってほしいですね~

龍が如く OF THE END (がんばろう、日本!パッケージ)
セガ
2011-06-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 龍が如く OF THE END (がんばろう、日本!パッケージ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

  • 名無し

    イマイチ評価も奮わず中古の戻りも早いとの事なので
    今の出荷分捌くのが精一杯な気がしますね
    2011年06月22日 19:50
  • 名無し

    国内だけで6年間で五百万も出荷したのか
    2011年06月23日 20:29

この記事へのトラックバック