【GT5】山内氏がニュル24h耐久で強豪を抑え見事クラス優勝! GT-Rは初の耐久優勝

GT5
6月25日~26日にドイツ・ニュルブルクリンクで「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースが行われ、「グランツーリスモ」シリーズ・プロデューサー山内一典が、日産GT-Rでクラス優勝(SP8Tクラス)を果たしたのでご紹介。GT-Rは24時間レース初参戦で初優勝という快挙にもなったと言うことです。


、「グランツーリスモ」シリーズ・プロデューサー山内一典が、日産GT-Rでクラス優勝(SP8Tクラス)を果たしました。(山内一典がニュル24時間レースでクラス優勝 - ニュース - グランツーリスモ・ドットコム)
6月25日から26日にかけてドイツ・ニュルブルクリンクで「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースが行われ、「グランツーリスモ」シリーズ・プロデューサー山内一典が、日産GT-Rでクラス優勝(SP8Tクラス)を果たしました。GT-Rの24時間レース参戦は今回が世界初。山内はその重要な1戦を優勝という栄冠で飾りました。

GT-Rをエントリーさせたのは、ドイツ・ドレスデン郊外にあるシュルツ・モータースポーツ。ルノー/日産ディーラーを営むシュルツさんがチーム監督、2人のご子息がドライバーというファミリーチームです。今回、山内は、元スーパー耐久チャンピオンである山本泰吉さん(オペラ・パフォーマンス代表)と一緒にここへ加わり、ニュル24時間の原点でもある地元プライベーターという立場からレースに挑みました。

GT-Rが参戦したSP8Tクラスには、フォルクスワーゲン・モータースポーツがニューマシン「ゴルフGT24」を3台投入。これまでシロッコで表彰台をほしいままにしてきたワークスチームだけに、予選から圧倒的な速さを見せつけます。ところがレースが始まり、ナイトセッションに突入するとゴルフをトラブルが襲い、3台中2台が夜明けを待たずリタイヤという展開に。

これでトップに立ったGT-Rは、生き残ったゴルフ235号車の猛追を受けながらレースを続けます。日曜午前にはゴルフに抜かれたものの、ゴルフの再度のトラブルにより再び首位に復帰。今度はプライベーターの駆るアウディRS4との差がじわじわ縮まる中、チームは全力でトラブル対処などに努め、24時間をクラストップで走り切りました。山内のニュルブルクリンクでのクラス優勝は、一昨年のVLNレース以来2度目となります。

ポルシェ、BMW、アウディ、メルセデスという4大ワークスが覇を競った総合優勝争いでは、マンタイレーシングの911GT3 RSRが優勝、2位は昨年の覇者BMWのM3 GT、3位はチームフェニックスのアウディR8 LMSという結果に終わりました。日本勢ではインプレッサWRXがSP3Tクラス優勝(総合21位)を飾り、レクサスLF AがSP8クラス3位(総合41位)に輝いています。

なお今年のレースの模様は、後日『グランツーリスモ5』の「グランツーリスモTV」にて配信予定です。
今回の優勝は、超強豪ワークスチーム「フォルクスワーゲン・モータースポーツx3台」を抑えてのクラス優勝という大快挙を果たしたようです。

これは本当に凄いですね。
まぁ、そのワークスチームの3台が全てトラブルに見舞われてしまったという日産勢にとってはラッキーな面もありましたが、それを差し引いても素晴らしい快挙には代わりありません。

プライベーターの強豪「アウディRS4」を抑えての
クラス優勝と言う事もあり、本当に素晴らしいですね。
本人はニュル北は1年ぶりと言うし、山内氏は本当に何かを持っている感じです。

ゲームのGTもそうですが、それ以外の多方面でのこれからの活躍にも期待したいですね。

この記事へのコメント

  • この手の長時間レースでは、トラブルやトラブル対応能力もレースの内だからね。
    2011年06月27日 22:01
  • グランツーリスモTV楽しみだわ
    高画質な耐久レースの動画は貴重
    2011年06月27日 22:36
  • A1

    ゲームで何ラップ練習したんだろう
    2011年06月27日 23:13
  • すさのお

    この山内さん仕様のGT-RをGT5に追加したらおもしろそうですね
    2011年06月28日 05:32
  • 名前はないしょです

    山内さんすごすぎ。
    本物に会ってみたい。
    2011年06月28日 10:12
  • このGT-RをGT5に是非追加してほしい
    2011年06月28日 12:02

この記事へのトラックバック