【Z.O.E】小島監督、新プロジェクトはプロデュース&一歩引いたサポート&どんな続編がお好み?

はたしてどのような仕上がりになるのでしょうか・・・・、色々な意味でドキドキです。


僕の方は鬼企画をベタでやっているので「エンダーズ・プロジェクト」はプロデュースになります。最初の企画と方向性、一歩引いたサポートのみになります。実際のゲームデザイン、脚本、演出、レベルデザイン、監督は別のスタッフがやることになります。なので出来ないものを押し付けても成功しませんw


プロデューサーとしては「売れる売れない」を考える必要はあります。売れる本数と市場を想定しないとバジェットがでません。ただしそれ以上に、意図したものが「創れるか創れないか」が大きいのです。オタ魂を持ったアニメ風続編がいいのか?SF魂を持ったフォトリアルな続編がいいのか?はいだらー!


と、Z.O.Eの新規プロジェクトは、プロデュース&一歩引いたサポート等々になるようです。
ちょっと不安な面もありますが、是非とも担当チームには頑張っていただきたいですね。

あと、どんな感じの続編が良いのか?的な
ツイートもしていますね。
う~~~~~ん、個人的にはアヌビスのように超気合いの入ったアニメーションは是非ともお願いしたい所です。個人的にアヌビスの印象が特に強いので、3Dのみの演出はどうも・・・・。

あと、ゲーム部分はどういう感じかは表現が難しいかなぁ。
Z.O.Eの場合、映像をフォトリアル指向に力を注ぐより、「THE 3D映像!!」という部分をあえて前面に押し出しつつ、トゥーンのようなアニメ風にはならない、絶妙なところを狙って欲しいかなぁ。

難しい注文ですね・・・・
注文が難しいというか、意図するところを伝えるのが難しいというか・・・。
とりあえず、単純に「リアルに/きれいに」なったという物だけは勘弁して貰いたい所ですが
どうなりますやら~。


この記事へのコメント

  • az

    要するにこれまで通りということでは?
    プロデューサーとして関わっている作品ではありますが、原案や脚本などは別の人です。
    なぜか小島秀夫監督作品だと思ってる人が多いんですよね。
    2012年05月28日 23:44

この記事へのトラックバック