【ガンホー】近年急激に変わりつつある理由 森下社長インタビュー

最近急激に変わりつつある「ガンホー」ですが、そのヒントを紐解く「森下社長」へのロングインタビュー記事がありましたのでご紹介。社長めっさ頑張ってます。


お話が長いので要点を簡単にまとめると「縦割り構造を止めて、「開発を全部社長直轄にしようと決めた」「クリエイティブなガンホーを作ろう」「純粋に面白くて、楽しくて、驚きのあるゲームを作ろう」的な感じの考えが2年半前ぐらいになんとなく「降りてき開けてきた」という感じのようです。

まぁ、詳細は4Gamerさんの記事をご覧頂くとして(長いけど)
会社の方針的な物を含めて、大きく構造が変わってきたようです。

その中の一つが、VITA「ラグナロクオデッセイ」などに
繋がってきたわけですね。
開発も「全部自分の直轄にしよう(社長)」という感じになり、企画/仕様/工程まで全部社長が口を出している用で、俗に言う「プロデューサー業務」をこなしていらっしゃるようです。

もちろんタイトル毎に「ディレクター」「プロデューサー」は
存在するようですが、それらのさらに細かい舵取り調整等を行っている
感じのようですね。
現在も企画的に10本(オンライン/スマホ/コンシューマなど色々含み、なおかつ実際に正式プロジェクトのような感じでラインが立ち上がるかはまた別の話のようですが)

森下社長の覚醒によって、さらに新しいタイトルが生まれるのを期待したくなります。

社長も、かなりコアゲーマーみたいだねー
朝の4時まで遊んでいて怒られる(多分奥様?)って、人のことは言えませんがやり過ぎです(笑)
FPSこそ3D良いなどで若干苦手のようですが、最近では「TOKYO JUNGLE」「ドラゴンズドグマ」なども楽しまれているようで、本当にゲームが好きな社長なんだなーというのが、伝わってきます。

今後、さらにどのような成長を見せてくれるのか非常に楽しみな会社となりそうで、応援もしていきたいですねー。


ラグナロク オデッセイ
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
2012-02-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラグナロク オデッセイ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック