【GT5】リアルとVRの融合が遂に実現! 実車走行データ再現システムが発売へ

GT5
遂に新しいステップへ。


トヨタ自動車と,自動車の制御コンピュータ(Electronic Control Unit,以下ECU)メーカーであるデンソーは2012年9月4日,自動車のプロセッサ間通信プロトコル「Controller Area Network」(以下,CAN)形式の走行データを外部に出力する自動車用周辺機器「CAN-Gateway ECU」を発表した。
システムの詳細は、複雑な部分もあるので4Gamerさんをご覧頂くとして、以前このブログでも紹介したシステムが遂に発売することになりました。

2013年末という、1年以上先の話だけど・・・。

先は長いですね・・・・
一言で言うと、基本的には様々なシステムを使って、走行データをデータ化し、それをさらにGT5のリプレイデータとして出力するというのが今回のシステム。

「グランツーリスモ5」による実車走行データのリプレイ - YouTube


現時点では86のオプションとして準備が進められていますが、将来的にはトヨタのスポーツモデル共通オプションとしても考えがあると言う事なので、是非とも頑張ってもらいたい所です。

まぁ、それでも「サーキットに行かないとダメなので、敷居は高い」

東京ルート246なら、普通に計測できるんじゃないかな~
その手があったか!

良いわけないでしょ!!!!
市街地ではシステムは動かないし、それ以前に危険なので、かっ飛ばすのはサーキットだけにしましょう。






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック