【レビュー】「デモンゲイズ」クリア!&「さくら荘のペットな彼女」ファーストインプレッション

先日ようやくVITA初のDRPG「デモンゲイズ」をクリア&休む間もなく「さくら荘のペットな彼女」をプレイしたので、合わせてご紹介。


デモンゲイズ

「デモンゲイズ」は、過去のレビューで色々話をしたので、今回は簡単な感想のみ。

クリアしてみてどうでしたか?
DRPGを本格的にプレイするのは久しぶりというか、初めてに近いレベルなので、一般的にDRPGの何処に楽しみを見いだしていて、どういった要素で根強い人気があるのかは分からないのですが、とりあえず今回個人的に感じた「Good」「Bad」要素は

【Good】
■:シビアな内容のシナリオ(イベント)、ちょっとセクシーなイベント、等々
■:さらに、ゲーム全体を通して飽きさせない発生タイミングやボリューム
■:ちょっとシビアな戦闘(雑魚戦で全滅/崩壊してアイテム使って敗走)が楽しい

【Bad】
■:火力が足りないと、双方決定打に欠いて戦闘が終わらない事がある。
■:10種類と豊富なデモンが用意されているが、一部のデモン(半AIパーティーキャラ的な要素)の使い勝手が良すぎて、組み合わせが限られてしまう感じになる。
特に最終戦は、目茶苦茶痺れました・・・・。
色々な事が重なって、パーティーの平均Lv自体はクリアに問題無い37ぐらいだったけど、7回ぐらい戦闘をやり直したよ・・・・・。

そんなに・・・・・
その分、色々な戦略的な事を駆使して、ラスボスを倒したときの快感は、ドラクエとかもう少し一般的なRPGでは味わえない感覚でした。
また、クリア後の様々な要素は、更にプレイヤーを楽しませてもらえるし、周回プレイが考えられた
ゲーム設計になっているので、かなり長時間遊べて大満足でした。
ちなみに1周目クリアタイムは(クリア後要素除外)、40時間と中々のボリュームでした。

デモンゲイズ
角川ゲームス
2013-01-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デモンゲイズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



さくら荘のペットな彼女

物語は、文化祭で「銀河猫にゃぽろん」を大成功させた後のお話。
新キャラクター「中野 乙羽」を加え、新たなゲーム制作を行うことに。

メインストーリーの注目ポイントは、文化祭での「銀河猫にゃぽろん」の大成功の裏に隠された物語が明らかになる部分だろう。

そんな事があったんですねぇ。
まぁ、その辺は公式サイトのライバルチームのプロフィールを見ていたら分かっていたことなんですが、その辺はあまり興味がなかったのでスルーしていて、ゲーム中に気づいた感じになりました(笑)

コラコラ・・・・

ゲームの方はどうだった~~?
見事に一週目は、かるくゲームオーバー・・・・(まさかアドベンチャーゲームでゲームオーバーになるとは思いませんでした・・・。)

なかなか難易度が高いようですね・・・・


ゲームの基本は、ストーリーを進めながら、スケジュール通りに各キャラクター毎に割り当てられた作業の管理なのですが、それが上手くいかずにゲームオーバー・・・。
一定期間ごとに、企画/作業状況の提出が義務づけられているのですが、その作業が一定の基準に達していないとゲームオーバーとなるんだけども、適当にプレイしすぎて「キーとなるましろの作業が間に合わず」ゲームオーバーになりましたヽ(´∀`)ノ

ちゃんと先のスケジュールを考えれば、それほど難しい物じゃないと思うんだけど
個人的に気になる部分は、シナリオかなぁ。

ちょっと「空太」以外のボケ&「空太」のツッコミ関係の、イベントが多すぎる感じか。
まぁ、「ましろ」は平常運転という気もするのでアレですが、アニメより若干バランスが悪い感じがしました。

とはいえ、その辺はゲームをクリアしてみないと全体のバランスは言いづらいで、クリアしてから
本格的なレビューをご紹介。






この記事へのコメント

  •  

    デモンは隊列崩しと無駄に大きいHP回復はいらないと思う
    頻繁にやられると単に面倒くさくなる
    2013年02月18日 13:34

この記事へのトラックバック