PlayStation-CSブログ

アクセスカウンタ

■:Information:■

PlayStation-CS Blog トップページ
カスタムテーマ
ゲームレビュー
本体設定
【ブログ移転いたしました】
しばらくはこちらでも更新状況を等もお伝えしますが、お手数ですがブックマークなどの変更をお願いします。
PlayStation-CS.Blog +

【E3 2015ライブスケジュール(日本時間)】
◆E3総合 Twich
◆2015年6月15日
 ◇午前11時:Bethesda TwitchYouTube  ◆6月16日(火)
 ◇午前1時30分:Microsoft Xbox.com・XbLive
 ◇午前5時00分:EA 配信未定  ◇午前6時45分:UBI TwitchUplayYouTube
 ◇午前10時00分:Sony 配信未定(カンファ終了後、PS Experienceも併催)
◆6月17日(水)
 ◇午前1時00分:任天堂 TwichYouTube公式サイト   ◇午前2時00分:スクウェア・エニックス TwitchYouTube
サイト内検索
お問い合わせ
【合計】  【今日】

zoom RSS 【GT6:フルレビュー】色々な面で限界を超えたクオリティ&次世代への壮大なプロローグ

<<   作成日時 : 2013/12/10 22:53   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

ようやくある程度プレイしきれたのでフルレビューです。


グランツーリスモ6
各種スクリーンショット
※ページ全体の読込が終了してからクリックでビュー表示。
▲コレが現状のプレイ状況
全体的なプレイ状況の進展はまだ4割ほどだが、効率重視でプレイした結果でもある。
そしてG37ありがとう(笑)
▲通常イベント以外にも、グッドウッド&月面イベントが存在。
▲Sライセンスイベントはボリュームが少なめ▲今後続々とオンラインイベントも登場。
image server Google Piasa

まずは前回のファーストインプレッションで語っていた「課金」の話の総合的な感想ですが・・・

◆国際A級までの獲得資金はかなり減っている。
◆短期的なプレイだと、プレゼントカーも半減しているためゲーム内通貨の消耗も多い。
◆S級になると獲得資金効率が急上昇するため、長期的の獲得資金量は多くなる。

◆最高金額(20億)を獲得するには、約14〜15時間程?
と、若干課金を意識した設計が垣間見えるが、かなり長期的には従来通りの資金効率となっている感じでしょうか。

それなら、オフラインユーザーも安心して購入できそうですね。
ゲーム内容面出来になったのは「ボリューム」でしょうか。
基本的なゲームボリューム自体は「GT5」と同等なので非常に長く遊べるのですが
「Sライセンス」のイベントボリュームが極端に少なくなっている。

それは、コレまで伝統的に登場していた「4時間・8時間・24時間」などの耐久系レースイベントが、最高で24分に短縮されてしまっているところにある。
一般的には「そんなイベントプレイ出来できないよ!」という声が多かったんだろうけど、個人的には非常に物足りないためかなり不満がある感じ。
せめて、24時間は「2時間40分」ぐらいに止めて欲しかった。

逆に喜ぶユーザーも多くいると思うので
その辺は難しい感じでしょうけどねぇ


【グラフィック面】
あとグラフィックは、基本的には従来との違いはあまり感じられない物の
特にリプレイ時のライディングにさらに磨きがかかって非常に素晴らしい。

ただ、「ソフトウェア・テッセレーション」を導入した反動か、主にシャドウマップ系がかなり多発するようになってしまったのは気になる所。

シャドウマップ?
まぁ、単純に「車や背景の影」なのですが、それがボコボコ表示/消えるというのが若干多く、気になるシーンが少し多くなってしまった。
が、一番気になった部分は・・・。

【ヘッドライトの違い ニュルブルクリンク北コース 24時】
◆430 スクーデリア '07

◆メルセデス・ベンツ AMG VGT

いずれも露出は最大に設定し、ポーズをかけた状態でのスクリーンショット。
(ポーズをかけると若干画面が暗くなる)

スクーデリアは明るすぎるぐらいだが、AMG VGTは暗すぎて話にならない。
(コンセプトカーなので致し方なし?)
リアルと言えばリアルなのかもしれないが、流石に一部の車種のヘッドライトが暗すぎるので
もうちょっと実用的な範囲で調整をしてもらいたい所かな。

唯一目に見えて大きくパワーアップしたのは、「パーティクルのタイヤ/土煙処理」で、そこでモザイク状のノイズがほとんど無くなったのは非常に大きい。
コレは次世代機のタイトルにも勝るクオリティなので、ポリフォニーの変態技術の片鱗が伺える。
というか、変態である。

【変態クオリティ】
▲車の駆動のシミュレートや、ソフトウェアテッセレーションなど重い処理が満載。
▲にもかかわらず、それらに加えてこの映像クオリティは、もはや変態である。

褒めるならもう少し素直に褒めて下さい。



【総合】
最後になってしまいましたが、GT5では接待走行(道を譲る)が激しかったAIも、GT6で改善。
多少接待気味な部分はある物の、接触や無理なブロックさえしなければAIも全力で走行するため、コレまでより中々楽しいバトルが出来るようになったのが嬉しい。

ボリューム&内容面で従来と大きく変化した部分が、個人的には気になってしまう。
とりあえず今後、レースイベントなどで○時間級のレースイベントが配信されると嬉しいのだが、基本的なオンラインイベントは難易度が低かったりするので、非常に手応えのある物があると嬉しい所か。
(まぁ、そこはアーケードバトルでも楽しめるのだが・・・・・)

また、自分は毎回OPの「moon over the castle」で気分のスイッチを入れていたこともあり
それが無くなったことで(キャリア最大のグランプリのテーマとして流れる/コメントありがとうございました)、スタート時の盛り上がりが少し少なかったこともありますが、後々様々なコンテンツが大量に追加されることを差し引いても、イベント系のボリューム不足が個人的には唯一残念!という所でしょうか。

そのため、「次世代への(もの凄く壮大な)プロローグタイトル」という印象が
個人的にどうしても総合的にぬぐえない所がある。
まぁ、それでもレースゲームとしては超一級品という事には代わりがないので
コレまで同様末永く本作を楽しんでいきたい。




グランツーリスモ6 初回限定版 -15周年アニバーサリーボックス
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2013-12-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グランツーリスモ6 初回限定版 -15周年アニバーサリーボックス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トップギア・テストトラック追加されないかなぁ
S
2013/12/11 08:03
Sクラスイベントのコンプが楽ってのがやっぱりなぁ・・・
耐久レースはBスペックの実装と共に追加されそうな気がするんだよね
t
2013/12/11 12:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
■:注意事項:■ 誹謗/中傷するような物や煽り立てるようなコメント
度を超えて他者が不快に思うようなコメントは削除する場合があります。
他の閲覧者の事を考え、皆で気持ちよく利用出来るようお願いいたします。

コメントはスパム判定されても裏に残ります。
若干時間をいただきますが、コメントに問題が無ければ掲載いたします。
【GT6:フルレビュー】色々な面で限界を超えたクオリティ&次世代への壮大なプロローグ PlayStation-CSブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる