【VR HMD】SCEがGDCにて「VRヘッドマウント モーフィアス」を発表!!

なにげに次世代機と「HMD」の相性が良いので期待したい!


北米時間2014年3月18日,Sony Computer Entertainment(以下,SCE)は,仮想現実対応のヘッドマウントディスプレイ「Project Morpheus」(プロジェクトモーフィアス,開発コードネーム)を公開した。低い遅延と高いフレームレート,3Dサラウンドサウンドによって,PlayStationへ最高の仮想現実空間をもたらすのが目的とされている。

発表後に公開されたプレスリリースによれば,パネルは5インチ液晶で,解像度は1920×1080ドット(※SCEによれば「1920×RGB×1080ドット」)。左右の目にそれぞれ960×1080ドットの映像を表示できるという。水平視野角は90度とのことだ。センサーは,加速度とジャイロが内蔵されているという。

▶ Sony Unveils PS4 Virtual Reality Initiative "Project Morpheus" - GS News - YouTube


と、ようやくお披露目となったSCEのVRディスプレイ。
なにげにPS4(というか、次世代機)との相性が良いので期待したい!

相性が良いというのはどういう事ですか?
次世代機ではOSの機能的に2画面出力(録画機能)がデフォルトで可能になっているので、そいつの余力をヘッドマウントディスプレイ系に回すだけでOKなので、家族とわいわい楽しみつつHMDを使用する使い方も可能になります。

今までは、映像出力が1系統に限られていたので
そういう使い方は確かに良いかもしれませんね。

ところで、今まで発売していた有機ELの
HMDを流用した物じゃないんだね~。
アレはコストが高くなるからね・・・・。
あと、首をグニグニと動かすことが前提となるので、さらなる軽量化&保持力&多少ずれても楽しめる柔軟性が求められるので、その殆どが専用設計となっているはずです。

とりあえず、コストも含めて今後SCEに頑張って製品化をしてもらいたい!
2万円台だと嬉しいが、どうなるかなぁ・・・・。

その価格は難しいのでは?
だよなぁ・・・(汗)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  •  

    久々にワクワクできそうな話題だ
    たぶん体験すれば誰でも驚くようなものだと思う

    まあ、普及して対応ソフトもどんどん出るかというと難しいかもしれないけど・・・
    テレビを買うことを考えれば決して高いわけじゃないだろうし、バーチャル旅行とかコンテンツによっては化けるかな
    2014年03月19日 21:09
  • くるっくー

    3万円台なら超頑張ったと思う内容、ゲーム用に買うかは別として。。。
    2014年03月19日 23:27
  • L

    たぶん高くてもPS4と同じくらいの価格
    でも個人的にはOLEDの方が好きですね、Vitaも
    2014年03月20日 01:16
  • さりぉん

    価格以上に対応ソフトがどのくらい出るのかが…
    やっぱりFPSやアクション、レースゲームとかなんですかねー
    個人的にはAFRICAとかぼくなつ、アクアノートの休日みたいなのがいいんですけど期待薄?こういうの買うのはコアゲーム層だけでしょうし
    2014年03月20日 03:04
  • なし

    ちょっと判らない部分が多いですね
    対応タイトルじゃなくても2Dモニタとして動かせるのか?
    その場合片目960が繋がって1920として見えるのか?とか
    あとこういうのこそPSHOMEみたいなのが必要だと思う
    2014年03月20日 11:10

この記事へのトラックバック