【ゴールデンタイム】ファイナルレビュー そうだべさ~。 &おまけ。

VITA「ゴールデンタイム」にて、ようやく一通りメインのエンディングを見え終えた&第1弾?DLCもプレイしたのでファイナルレビュー。 &ついでにおまけ(Killzone)。


本作は、「前半の基本ゾーン」と、物語が大きく分岐する「2つのゾーン」&「隠されたゾーン」の合計3つほどあります。
隠されたゾーンは、「香子」&「リンダ」グッドエンドを見た後に、物語の一番最初の選択肢で「歩き」を選択することで見ることが出来るようになります。

ネタバレ的な話ですが、自力で見つけるのは少しきついのと、肝心なストーリーのネタバレにはなっていないので、こういう形は逆に有りかなと言うことで。

【基本&隠しゾーン】
▲やっぱり岡レシア&NANA先輩は最高である!

基本ゾーンは、基本的にすべての物語で「殆ど共通の流れ」になりますが、「隠しゾーン」に関しては前半から若干物語に変化が出るようになり、後半に突入すると、物語は大きく変化し色々な意味で熱い展開が待っています。

この辺はどうなるかは中々言いづらいので伏せますが、かなり笑えるシーンあり、感動のシーン有りとGJ。
ちなみに全体的なボリュームは、前半が約1~3時間+後半2~4時間といった感じで、プレイスタイルで大きくボリュームが変化&話のスキップでは「音声が中途半端に再生される」ため、周回プレイのED回収が正直きつい。

最近アップデートが行われたので、もう一声お願いしたいですね。
仮に追加ストーリーがまだ配信されるのなら、そのときにでもお願いしたいなぁ。

ところで、DLCの追加シナリオはどうでしたか?
ストーリーは面白かったけど、少しボリューム不足か。
描き下ろしイベントCGとかもあり、全員に当然音声も用意されている頑張っているんだけども、やっぱりもうちょっとボリュームが欲しい感じで、この内容で500円は少々きついか。
せめて300円ぐらいなら納得なのだが、本編の数があまり売れていないので致し方ないか・・・。

【茶道部から己の貞操を守り抜く、「SADOW DEFENDER」】
▲STGタイプの、デフェンスゲーム。
▲スティック上下で自分の方向を決め、お思慕るを投げて敵を撃退するシンプルなゲーム。
▲また、画面右下にはサブキャラが待機し、スキル技で援護してくれる!

最後に紹介するミニゲームはこちら。
このゲームも、シンプルながら地味に面白く、最終的にはミニゲーム用ゲームになりそうな予感(笑)


最後に。
個人的には、様々なキャラクターとの「ifストーリー」を楽しむことが出来て大満足。
ただ、共通ルートが多く(長く)スキップ機能もいまいちなので、全エンディングを見る作業は正直きついが、あっさりしている物の「NANA先輩END」や「まだ見ぬ茶道部END」達もやり残しているので、軽く熱が冷めた頃に楽しみたい。
特に「茶道部END」で超予想外な展開もあったので、あれには本当に驚かされた(笑)
(内容を言えないのがもどかしいw)

少々ボリューム不足と不評の越えも多いが、BDのOVA的な感覚で短編的な「様々なifストーリーを楽しむ」というスタイルでなら十分おすすめできる。
特に「リンダファン」の方は必見である!

ゴールデンタイム Vivid Memories (通常版)
角川ゲームス
2014-03-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴールデンタイム Vivid Memories (通常版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



【Killzone Shadow Fall】
▲まさかの42キルを達成!

最近ようやく縛りプレイから解放されて、好きな兵で好きなプレイをしているレザですが
体験版で初心者が多く入ってきている影響で、本日42キルを達成(笑)

あんた、もう少し手を抜きなさい・・・・。
いやぁ、チーム戦だからどうしてもそう簡単にはいかないんだよね。
ちなみに、今回は初心者にありがちな「狭い通路も、みんなで歩けば怖くない」状態の的を、上方背後から接近し速攻でスタン&マシンガンで3~4同時キル>弾切れ>ハンドガンにすぐさま持ち替え>2キル=1300以上のポイントをたたき出した(笑)
(もの凄い混乱状態だったのでハッキリとは見ていない)

いくら何でもやりすぎです!
いやぁ、ついw。
まぁ、流石に今回は巡りがよかったとしか言えないが、なんだかんだでうまく立ち回ることが出来ると楽しいから中々止められない。(まぁ、ストレスがたまることの方が若干多いが・・・)




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック