【アイドルマスター OFA】ようやく久しぶりのプラチナゲット! 

とりあえず、ゲームをプレイしきった感想は・・・。


【約85時間のプレイ時間でプラチナをゲット。】

効率を重視すれば、もう少し短い時間でコンプリートできたと思われる。

【撮影時に、うっかり・・・・】

PS4の電源コードつないでいる、スイッチ付き電源タップを誤ってOFFに・・・・。
一瞬起動しなくなり血の気が引いた・・・・・・・・・・・。

【プラチナトロフィーゲットも、ゲーム内ではまだやることが多少残っている。】

あとは、オールキャラLv35を目指す感じか。
さすがに思い出ポイントは、メイン以外は3~4ポイントで妥協になりそうだが。


【もしくは、ステージモードで楽しむ感じなのだが・・・】


ゲーム上仕方ないのだが、1曲が短いので再生が終わるたびに操作するのは面倒。
他の曲&ステージ&衣装選択ランダムでの、ループ再生ができないのはバンナムクオリティか。


本作では「期間制限なし」「全アイドル同時攻略」という事で、ゲーム的な作りと言うよりは、ファン向けにアイドルとのコミュニケーションを楽しんでもらう感じの位置づけ。

とりあえずゲームの内容自体は普通というか、全員をトップアイドルにするための作業を繰り返す。
特に一人でもトップアイドルに到達すると、他のアイドルの挑戦難易度が一気に下がるので、本当に淡々とプロデューサーランクの課題の進行と同時に、アイドルを成長させていく感じになる。

作業の中で発生するアイドルとのコミュニケーションで、何とか癒される感じに。
ちなみに通常イベントは「普通のアイドルとプロデューサー」という感じだが、メインストーリーでのほとんどで恋愛感情が入ってくるので、この辺が全国のプロデューサーのハートをつかんでいる要素か?

なるほど・・・・・。
ちなみにレザは、母性本能に包まれたいので「あずさ」さんが一押しだ(笑)

とりあえず「ステージフォーユー」で、各曲/ステージランダム&ループ再生にができれば、DLCの追加楽曲やアイドルを購入する気にもなるのだが・・・・・・。
まぁ、どっぷり遊びきっておいてなんだけど(笑)

まったくですよ・・・・。
とりあえず、ライバルとのバトル等は面白かったが、LVを上げることで力押しが簡単すぎるため、全アイドルを自由にプロデュースできる自由度を維持しつつ、次回作ではシステムを根本的に手を加えて激しいバトルを体験できるバランスを目指してもらえると嬉しい。




アイドルマスター ワンフォーオール
バンダイナムコゲームス
2014-05-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アイドルマスター ワンフォーオール の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック