【アサシンクリード ユニティ】フレームレートを含む300項目以上の修正が行われる第3弾パッチ!

かなり膨大な量の不具合修正パッチとなるようです。


先日、新パッチの概要とパフォーマンスの改善に繋がる改善の進捗状況をご紹介した人気シリーズ最新作「Assassin’s Creed Unity」ですが、新たに公式フォーラムと公式Blogにて第3弾パッチの詳細と概要がそれぞれ公開され、フレームレートの一部改善をはじめ、各種ゲームプレイやマッチングなど、300項目を超える夥しい数の修正を導入する海外版のアップデートが11月26日から週末に掛けて順次リリースされることが明らかになりました。

今回のパッチは

◆PS4版のフレームレートを低下させていたオンラインサービス用スレッドの優先度調整
◆特定の建造物やエリアで発生していたフレームレート低下の修正
◆キャンペーンとCo-opの両方で発生していた90種を超えるランダムなクラッシュの修正
◆アルノの移動に関係するナビゲーション
◆干し草に絡む問題
◆カバーシステムの修正
◆アニメーションといった基本的なゲームプレイ周りの対応
◆AI/群衆の修正
◆Co-opのマッチメイキングとホストマイグレーション及び参加時の接続性に絡む改善
◆メニューとHUDの修正
◆固有のミッションで発生していたオブジェクティブやUI情報の喪失及びミッションの成否に絡む問題点の修正
◆PC版特有のグラフィックスに関する修正など

ゲーム全体に渡る大規模な改善を図る内容となっています。(詳細は公式フォーラムのパッチノートにて)

なお、新パッチの配信スケジュールはPS4版が11月26日予定、その後Xbox OneとPC版が今週中にリリース予定となっているほか、Ubisoftは今後さらにフレームレートの改善を図る新パッチの開発を進めていることを明言しており、いよいよ配信を迎えるアップデート3後のパフォーマンスやナビゲーション周りに改めて注目が集まるところです。

これまた、非常に大規模な修正パッチとなりましたね。

結構短期間での修正に見えるけど、なんで
最初からできなかったのかな~~

デバッグ不足?
前にも言ったけどデバッグと言うより、開発期間その物の不足という感じかな。
まずは製品として販売できるレベルに仕上げるために、修正は後回しにという感じで、ある程度の問題点は発売前から把握&調査&修正作業に入っていただろうし、短期間でこれだけのパッチをまとめ上げる規模の開発チームという裏付けでもあるか。

とりあえず、PS4版は最新パッチでどの程度までパフォーマンスが改善されるか注目。


アサシン クリード ユニティ
ユービーアイ ソフト
2014-11-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アサシン クリード ユニティ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • .

    カフェの2Fにレザさん居るから
    あれ? アサシン買ったのかなと思ったらログインしてるフレが
    反映されてるだけでした^^;
    2014年11月26日 19:00
  •  

    これだけ欠陥あるのなら発売半年延期すべきだったな
    2014年11月26日 21:16
  • とは言ってもいざやってみたら割と普通に遊べるけどな
    自業自得ではあるけどネットは悪いところを必要以上に取り上げすぎ
    2014年11月27日 01:11
  • ↑すでに大規模パッチ2回当ててるって理解してるか?
    大規模パッチ当ててもなお大規模パッチが必要な糞ゲー
    明らかな未完成品を売ってるんだから批判100%なのは当たり前
    2014年11月27日 15:15

この記事へのトラックバック