PlayStation-CSブログ

アクセスカウンタ

■:Information:■

PlayStation-CS Blog トップページ
カスタムテーマ
ゲームレビュー
本体設定
【ブログ移転いたしました】
しばらくはこちらでも更新状況を等もお伝えしますが、お手数ですがブックマークなどの変更をお願いします。
PlayStation-CS.Blog +

【E3 2015ライブスケジュール(日本時間)】
◆E3総合 Twich
◆2015年6月15日
 ◇午前11時:Bethesda TwitchYouTube  ◆6月16日(火)
 ◇午前1時30分:Microsoft Xbox.com・XbLive
 ◇午前5時00分:EA 配信未定  ◇午前6時45分:UBI TwitchUplayYouTube
 ◇午前10時00分:Sony 配信未定(カンファ終了後、PS Experienceも併催)
◆6月17日(水)
 ◇午前1時00分:任天堂 TwichYouTube公式サイト   ◇午前2時00分:スクウェア・エニックス TwitchYouTube
サイト内検索
お問い合わせ
【合計】  【今日】

zoom RSS 【モーフィアス:レビュー】装着時再現画像&体験タイトルのレビューをご紹介! 【追記版】

<<   作成日時 : 2014/12/02 23:48   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

本当に素晴らしかった! 【装着感追記】


今回は加工画像を用意するのに少し時間がかかってしまいましたが、やっとできました。
その画像は、装着時のイメージを分かりやすく表現するのに過剰加工を施しているため、誤解を与えないためにも一切の画像転記をせず、紹介される場合は記事のURLをお願いいたします。

モーフィアス装着感
さて、今回の体験会では「サマーレッスン」を1番最初に体験させてもらいました。

モーフィアスを体験する前は、多かれ少なかれ「ソードアート・オンライン」のように「VR世界の映像が広がるイメージ」の方や、上記の画像のように映像をのぞき込む感じを想像していたと思います。

実際には、「液晶」+「レンズ」で拡大という工程を経て映像が目に入ってくるため

大体こんな感じの映像になります。
体験した多くの方は「そうそう、そんな感じだった!」という感想を持つはずです。

とはいえ、片眼毎に「960 x 1080」の映像が用意されるため、実際にはもっと解像感は高く発色も普通に綺麗なのですが、体験会ではレンズの汚れで、「もっとぼやけたた気がする・・・・・」と感じる方もいると思います。

ただ、映像に縞模様が入っちゃうんだね〜
縞模様もオーバーに表現していますが、多少感じるかもしれません。
これはPS4を含むハード仕様や普及を考えたやトータルコストの限界点
4Kの映像パネルを使えば高精細になるけれど、それに合わせた高解像度ゲームとなるとPCでもきつくなり、普及を考えたトータルコストを考えると、これ(第一世代)の限界点という感じに。

そしてもう一つ、左右それぞれの目に別の映像が入り込まないように仕切りがあるため、装着時に眼球のみを回転させると黒い縁が見えたりします。
これも第一世代の限界点ですが、将来的に「網膜照射型 HMD」が実現すれば、
素晴らしい体験が待っているとの事。

また、眼球をあまり動かさず映像に集中すれば仕切りを感じることもなく、映像に集中できます。
感覚的には「倍率1倍の双眼鏡をのぞき込んでいる」というイメージです。
ですが・・・・・・そんなことはどうでも良くなるような素晴らしい体験が待っている!

装着感 追記】
忘れていた装着感の追記です(汗)

装着するのは「モーフィアス」+「ヘッドフォン(バーチャルサラウンド/市販品)」
まずは「自分でモニター部分の位置を調整」し、上手くホールドできた所でスタッフの方が後頭部部分のバンド?部分を締めて固定をして、仕上げにヘッドフォンを装着して完了となります。
しっかりとホールドされますが締め付け感はなく、頭を色々動かしてもズレる事はありませんでした。
ただ、ちょっと不安感もありましたが、自分でもう少し強めに調整すれば完璧かな!という具合でした。

モーフィアスは見た目とは裏腹に意外と軽く(感じ)、重量感はVITA本体と同じぐらい(約260グラム)で、重量の密度が分散している分逆に軽く感じる程でした。
(この辺の話は感覚的な物なので、実際の重量はどの程度かは不明です)


【サマーレッスン レビュー】
▶ 技術デモ「サマーレッスン」 体験内容ご紹介ムービー - YouTube


体験前は普通に楽しもうと、椅子に座ってジックリ堪能させてもらいました。
最初はリラックスして、キャラクターの反応などを楽しもうと思っていましたが・・・・

バーチャル映像なのに、その生命感(気配)をリアルに感じ取ることができ
気がつくと膝に置いていた手を握りしめていました(笑)

勉強中の女の子が不意にペンを落とし、それを拾い上げたり、耳元で自分へのメッセージをささやくクリエイターによる過剰演出に、その興奮はピークに!!

そんなに興奮するんだ・・・・
もう普通にリアルな人間として感じているところに、普通ではあまり無いシチュエーション「すぐそばでペン拾い」「耳元ひそひそ」に加えて、クリエイターによる味付けが加わり素晴らしいことに(笑)

この辺は、どんなに文章で頑張っても中々伝えられないので難しい・・・。



AKB0048 x アクエリオン 多次元スペシャルライブ
▶ Project Morpheus体感映像“アクエリオン×AKB0048コラボ動画” - YouTube


これはAKBメンバーの立ち位置にて、「AKBのライブ&マクロス演出風「アクエリオン」の戦闘」を楽しむ映像作品となっています。

いまいち状況が、よく分からないんですけど・・・・

うんと、空を飛んでいる状態からスタートし、空中に浮遊しているライブステージの舞台に降り立ち
他のAKBメンバーと一緒になってライブを盛り上げるコンセプト(実際には眺めるだけだけど)。

そして、ライブの開始直後から突然戦闘も始まり、背後や頭上では銃撃戦がスタート!
その様々な大迫力の映像演出に気圧されていると、ライブメンバーと共に空に飛び立ち
アクエリオンを歌って踊って盛り上げる感じに!

空中を縦横無尽に飛び回るので、ちょっと目が回りそう&最後の「無限パンチ」の迫力に
さらに圧倒されまくります!

このコンテンツは立った状態での体験だったのですが、かなり状況変化が激しいので、
思わずふらついて倒れそうになる場面もありました(汗)


そして雰囲気的には「アクエリオン」というより「マクロス」に近い物があり、戦場を飛んで駆け抜けるシーンでは、本当に自分も空を飛んでいる感覚を味わえた!
空を飛んでいる最中も自由に視線を動かすことができるので、「自分がマクロス(人型モード)になって戦場を自由自在に駆け巡る感覚」というのがイメージしやすい感じで、とにかく無茶苦茶楽しかった!!。

エンターテイメント的には、「サマーレッスン」より楽しむことができるので、もしまた何らかの体験会が開催されて、本作も出展されるなら、もの凄くお勧めします!



以上が、今回の体験会で経験したタイトルとなります。(各一回ずつ)

あれ、それだけなの〜?
いやぁ、原田さんと吉田pさんとの話が長くなりすぎて・・・・
体験時間がほとんど無くなってた。・°°・(ノД`) ・°°・。

あちゃーーー・・・・
ただ、体験会の前は「AKB」はパスしようと思っていたコンテンツ&実際一番空きがあったのですが、逆に時間が無くなったことで想像以上に楽しむことができたのは怪我の功名?だった。

正直な感想として、最初に見たときの映像で「この映像で大丈夫か?」とも思いましたが
コンテンツがスタートすると、「VRの現実感に一気に引き込まれ」、そのコンテンツが終了したときには、普通のゲームでは決して味わえない高揚感に包まれていました。

あと、サマーレッスン2回目で確認しようと思った「ゴミ箱の中身」を確認出来ず・・・・
明日の体験会記事では、その「原田」さん「吉田p」さんとのお話をご紹介。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
とても面白いレビューでした
しかし今後は網膜照射とかになるんですか〜…
10年後…20年後はどうなっているのやら
さんま
2014/12/02 23:27
体験会に行ってませんので間違ってたらすみませんが
ヘッドホン自体はステレオで、モーフィアス自体の仮想サラウンド技術が適用されているのではないでしょうか?
ink
2014/12/03 00:10
沖縄に体験来ないすかね?
ryoraku
2014/12/03 10:19
更新お疲れ様です
ゴミ箱の中確認できずでしたかwモーフィアスとサマーレッスン発売されたら確認しようかな。2016年位になりそうですけどw
次の更新も楽しみに待ってます(^^)
猫まんま
2014/12/03 12:14
沖縄には無理でしょ・・・せいぜい福岡が限度

2014/12/03 19:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
■:注意事項:■ 誹謗/中傷するような物や煽り立てるようなコメント
度を超えて他者が不快に思うようなコメントは削除する場合があります。
他の閲覧者の事を考え、皆で気持ちよく利用出来るようお願いいたします。

コメントはスパム判定されても裏に残ります。
若干時間をいただきますが、コメントに問題が無ければ掲載いたします。
【モーフィアス:レビュー】装着時再現画像&体験タイトルのレビューをご紹介! 【追記版】 PlayStation-CSブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる