【PS3】ソニーがハッカーや割れ対策に超本気モードに? 訴訟拡大&海賊版対策

ソニーが、ハッカーや割れ対策に対して、超本気モードになってきたっぽいのでご紹介。今後どうなるか全く不透明&実行されたら色々影響がありそうですがはたして。


署名マスターキー等を公開し、その事へのGeohot氏に対する差し止め要求が見事通ったことから、ソニーがハッカー等の対象を拡大化する模様。

Cantero、Peter、Bushing、Segher、hermesEOL、kmeaw、Waninkoko、grafchokolo、kakaroto等のハッカーを訴訟対象とすると共に、YouTube,Twitterをはじめ、一部Webサイトにもこのような情報が広がらないように対象とするようです。

これらの訴訟も、通ることを願いたいですねぇ。
ただ、署名キーの公開に対しての差し止めは、OKは当然の話として
今回のハッカーに対しての追加訴訟の場合、カスタムファーム系だと話しが難しそうですが、出所を押さえる形で頑張ってもらいたい所です。


そしてもう一つはこちら。
著作権侵害された、違法コピーのゲーム対策に、パッケージに最高5回まで使用できるシリアルコードを封入するのではと言う物。
これはPCゲームのセキュリティに類似した物のようです。

既に一部のPS3/PSPタイトルに
1タイトル1コードが封入という形がありますが
それとは違うんですかねぇ?
オンラインだけではなく、中古対策も兼ねているようなので、コードを使い切ると起動自体が出来なくなる感じなのかな?

ただ、ちょっとめんどくさそうだね~
まぁ、この辺の話しが検討されているというだけで、どうなるかは分からないけどね。
あと、個人的に思うのは、この辺のシステムはフラッシュメモリ系のNGPに有効そうだよね。

初回起動時に、NGPカードリッジに本体IDを登録させて行く形で、6台目以降のNGPでは起動出来ないという感じで。
頻繁に本体を買い換えたり追加購入するユーザーには少々めんどくさそうなシステムですが、中古対策という意味では有効そうです。
まぁ、ちょっと窮屈なイメージがついてしまうので、無いかな・・・。

とりあえず、出来るだけ普通のユーザーに負担のかからない形で
不正コピーなどの対策をしてもらいたいですね。
うん、最終的にはそれが一番なんだけどね。

"【PS3】ソニーがハッカーや割れ対策に超本気モードに? 訴訟拡大&海賊版対策"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: